yum-yum*

08.10.04-09.10.04

新ブログ→http://answer-piece.jugem.jp/
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Plofile.
*中丸担
*ナカニシが一緒にいると幸せ

entries.
comments.
categories.
archives.
***
あわせて読みたいブログパーツ
Thank*・ω・*
****
bookmark.
MOBILE
qrcode
other.
<< もう限界です : main : らくがきにも程ってもんがね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
とてもじゃないけど、大丈夫なんていえない

ごめんね、ちょっと愚痴らせてね。
こんなこと思ってるのは僕だけじゃないってわかってるんだけどね。
僕の夢だったよ。ムラサキ聞きたかったよ。ムラサキを歌う彼を見るのが夢だったさ。見たかったよ。感じたかったよ。そこであえて、流れに沿って真顔コンらへんのソロを出してこない辺りが仁くんだなって思うし、ファンのこともちゃんとわかってるんだなあって思うけど。ファンになったのがもっと早ければなーっていう諦めは、もうとっくについてたんだよ。だってしかたないじゃん。KAT-TUNのこと知らなかったんだし。っていう、開き直ることもできたんだけど。だって今回のはさ、僕は今現在、この瞬間も、きっと仁くんがムラサキ歌ってたであろうその瞬間だって、僕はKAT-TUNファンなんだよ。なんで聞けないんだろう、なんであの5万5千人の中にいないんだろうって思うよ。仁くんのね、あのムラサキに惚れてるのにね、どうして会えないんだろう。初めて聴いたソロだったんだよ。なんで、あの曲に出会える機会がたった数時間前にあったのにさ、って思うとさ、いたたまれないとか、もうなんか絶望感。好きなのに。ほんとに好きなのに。生じゃなきゃ意味ないのに。きっと、僕よりももっと仁くんが好きで、ムラサキが好きな人が、それを見れたかもしれないなとも思うけど、わりとそんなこと言ってる場合じゃないくらいテンパってる。どうしよう。なんで見れないんだろう。聴けるはずないからさ、あの曲はもう、歌わないしって言い続けてる方がましだよね。もっと早くKAT-TUNファンになりたかったよ。こんなこと、あんまし言ったことなかったってか、どうしようもないから言わないようにしてたけどさ、「ごく出」って言われて、ごくせんからファンになった人は嫌われてるけどさ、別に好きでその時からファンなわけじゃないし。もっと前から、ずーっと一緒に刻んでいたかったよ、時間を。ムラサキにだって出会いたかったよ。見たかったもん。もうなんであの場所に自分はいないんだろう。正確には自分たち。母だって見たかった。たぶん僕よりもっと見たかった。一緒に見たかったよ。なんでさ、なんで見れないのさ。なんで平日なのさ。なんで無理やり記録なんてつくらなきゃいけなかったのさ。もうやだ、言ってもスッキリしてくれない。もやもやしてる。
: 『日常』 : 22:03 : comments(1) :
スポンサーサイト

: - : 22:03 : - :
僕はうまく言葉をつむげないから、雑な言葉になっても許してね(;ω;)

はぁ、いろいろ考えてみたんだけど、やっぱり私も聞きたいの一言だった。

僕はあまり好かれてないごく出だけど、僕だってチャンスがあればもっと前から好きになってたかった、出会いたかった。

今回は出会う前の曲が聞ける、絶好の機会だったのに…

今、好きな気持ちは、昔からの人と対等な立場にあるっていってもいいと思う。

出会えなかったときの数年間を埋めるように、今、彼らを必死に愛しているから。


そういう思いまでも汲み取って欲しかったっちゃ欲しかった。
我が儘だなぁ、わたしって。

やっぱ日替わりってメリットがあるようでデメリットもたくさんある気がする。

今回の件は、悔しいし、思い出すだけでも苦しくなる。

そりゃじんかめがあったからなのかも知れない。
だけど、心の底から彼の歌、ムラサキを聞きたかった…
多分今日絆歌われたらまた同じこと思うんだろうな、わたし。


長文失礼しましたー;;
: 凜 : 2009/05/20 7:35 AM :









http://many-smack.jugem.jp/trackback/136